ウッドデッキ

1/2ページ

高低差のある庭をつなぐウッドデッキ桟橋

周辺にはリンゴ畑や水田が広がる静かな環境。平屋建ての住宅は地元の木を使った心地の良さそうな建物です。敷地は建物が建っている上段エリアと、元々水田があった下段エリアに分かれていて、両者には1m以上の高低差があります。 この高低差をどうするか、また2つのエリアをどう繋ぐかが大きなテーマになりました。 また、通路や駐車スペースなどの地面がかなりの面積になるため、仕上げや防草処理の方法などは、コストと使い […]

小さなウッドデッキやベンチ、買うか作るか。

庭に置く小さなウッドデッキや縁台、濡れ縁、ベンチなどは、ホームセンターでも手軽に手に入るのですが、大きさや素材を選ぶことは出来ません。多少小さかったり、高さが低かったりしても、そこは諦めるしかありません。 また、購入後は自分で車に積んで持ち帰るので、軽量化と省スペース化が必須です。その為か、かなり華奢に出来てるものも多く見られます。 アトリエタムロで制作するものは、当然の事ながら自由に大きさや高さ […]

2通りのウッドデッキの材料、どっちがいいのか

ざっくりと2通りと言ってみましたが、もちろん、ウッドデッキの材料は多種多様。 でも、ここでは、アトリエタムロが基本的に採用している2通りの材料に絞って考えてみます。 では、なぜ2通りだけなのか。 これは、コストや耐久性、メンテナンス性に素材感など、いろいろな要素を比較した結果が2通りになった理由です。 この文章の最後にその事についても少し触れたいと思います。 ウッドデッキを設置するに当たっては、い […]

広大な自然に囲まれた南信州の庭[計画編]

中央アルプスの麓、天竜川の先には南アルプスも望めるとても開放的な敷地に、地域材で組み上げた切妻屋根のシンプルな建物が建っています。 コンパクトで機能的な建物の周りにはとても広い庭、さらにその周りには広大な自然の風景。まさに、圧倒的な住環境です。 関東地方から南信州に移住されたご家族は、この地でのおおらかで自然とともに暮らす生活にすっかり慣れ、充実した日々を送っていました。 しかし、一方で、地方なら […]

小さなウッドデッキでも大丈夫です。

庭木を一本植えたいとか、小さなウッドデッキを設置したいとか。そんなちょっとした工事の場合、どこに依頼していいのか分からないって方が結構多いようです。 「予算が少ないのでお願いしにくい」 「業者に来てもらうのが何だか申し訳ない」 みなさん、そんな事をおっしゃるのですが。 何はともあれ、一度ご連絡頂きたいと思います。きっと、庭の悩みがいろいろと解決できるはずです。