木工事

駐車場も庭のように使い、小さな庭を大きく見せる

駐車スペースとアプローチ

横浜市内の高台にある静かな住宅地。道路に面する間口に比べて、奥行きが深く細長い敷地。ここに親子3人が暮らす木造の2階建て住宅を計画から、駐車スペースや庭の施工までを全てお任せ頂きました。造園屋が、敷地が全くの更地の状態から庭づくりまで関われるということは、それほど多くありません。

訪れる度に熟成していく庭。いつまでも木の香りが心地よい家。

時間の経過とともに陳腐化するのではなく、どんどん馴染んでいくこと。これが庭や建築の本来あるべき姿なのだと思います。

続きを読む


玄関先をウッドデッキに

ウッドデッキ施工前のアプローチ空間は、タイル張りのポーチと少し勾配のある通路で、通路の幅は90cm弱と狭く、杖を使って歩く高齢のご主人には少々歩きにくい場所でした。

また、住宅に付随した幼稚園には毎日大勢の子供と大人が通うため、玄関前の狭さが深刻な問題になっていました。

ウッドデッキと言えば、リビングから直接出られる屋外空間。が一般的ですが、例えば、玄関先のアプローチ空間に設置するのもおすすめです。
アプローチがウッドデッキになると、ちょっとワクワクします。

コツコツと鳴る音も楽しげだし、晴れた日は思わず座りたくなる。そして何よりも、空間を有効に使うことが出来ます。

施工前の様々な問題点を解決するために、とても有効な手法がこのウッドデッキのアプローチです。

続きを読む


目隠しする庭のリフォーム

フェンスと植栽の効果

横須賀市の高台にある建売住宅の庭、販売時には植栽が施され庭の骨格はある程度出来上がった状態でした。
しかし、隣地との境界にまばらに植えられたシラカシやキンモクセイなどの常緑樹とスチール製メッシュフェンスだけの庭は、少し単調で物足りない雰囲気がありました。

また、庭の背後には隣家の裏側部分が丸見えになっていて、少し雑然としているばかりか、お隣さんからの視線も気になるような状態でした。

お客様からの要望は目隠しをすること。そして、庭としての魅力を向上させること。この二点をデザインの骨格として、新たな庭づくりが始まりました。

続きを読む


駐車場の舗装はコンクリートが一番なのか

コンクリート舗装と芝生

住宅の外部空間で大きな面積を占める駐車スペース。都心部の住宅地では、庭の面積よりも駐車スペースの方が大きいのが一般的です。一方、地方の住宅では自家用車の所有台数が多いため、必然的に駐車スペースが大きくなる傾向にあります。

駐車をしていない日中の時間帯、道路から最も見えるのが駐車スペースであり、外部空間を魅力的に見せるためには、ここを庭として扱う事が重要だと思います。

駐車スペースは、コンクリートやアスファルトで舗装され、車の駐車以外に用途はなく、庭として考える事はあまりありませんでした。しかし、舗装の仕方や植栽などにより庭としての魅力を持たせる事が出来ます。

続きを読む


懐かしさと心地よさを感じる庭

海のイメージが強い葉山ですが、ここは周囲を小高い山に囲まれた静かな住宅地。その一角に杉材を使い、大らかな空間をもった家を計画しました。

造園計画は建物の設計時からイメージを重ねてきました。「田舎の庭」をコンセプトとした庭には、大きな家庭菜園が作られ、どこか懐かしい雰囲気を感じる事が出来ます。

続きを読む