木工事

少しずつ作りあげる湘南の庭

木フェンス施工後
茅ヶ崎市の海岸に程近い平屋の住宅。中庭を囲んだコの字型の建物と、道路から細長い通路を通ってアプローチする敷地形状の効果もあって、とても落ち着いた静かな住環境になっています。

中庭にはDIYで施工された芝生が青々としていて、建物の白がとても良く似合っています。
「今後、時間を掛けて庭を作り上げていきたい」というご相談を頂きました。
庭の話はもちろん、趣味の話や子育ての話など、いろいろな思いを伺いながら、まずは数年後の目指す庭の姿を想像していきます。
駐車場やウッドデッキを作りたい、というご要望もあったのですが、まずは一番気にされていた隣家との境界に木フェンスを設置することから始まりました。

続きを読む


小さなウッドデッキでも大丈夫です。

サイクルポートのイメージ

庭木を一本植えたいとか、小さなウッドデッキを設置したいとか。そんなちょっとした工事の場合、どこに依頼していいのか分からないって方が結構多いようです。

「予算が少ないのでお願いしにくい」

「業者に来てもらうのが何だか申し訳ない」

みなさん、そんな事をおっしゃるのですが。

何はともあれ、一度ご連絡頂きたいと思います。きっと、庭の悩みがいろいろと解決できるはずです。

続きを読む


駐車場も庭のように使い、小さな庭を大きく見せる

駐車スペースとアプローチ

横浜市内の高台にある静かな住宅地。道路に面する間口に比べて、奥行きが深く細長い敷地。ここに親子3人が暮らす木造の2階建て住宅を計画から、駐車スペースや庭の施工までを全てお任せ頂きました。造園屋が、敷地が全くの更地の状態から庭づくりまで関われるということは、それほど多くありません。

訪れる度に熟成していく庭。いつまでも木の香りが心地よい家。

時間の経過とともに陳腐化するのではなく、どんどん馴染んでいくこと。これが庭や建築の本来あるべき姿なのだと思います。

続きを読む


玄関先をウッドデッキに

ウッドデッキ施工前のアプローチ空間は、タイル張りのポーチと少し勾配のある通路で、通路の幅は90cm弱と狭く、杖を使って歩く高齢のご主人には少々歩きにくい場所でした。

また、住宅に付随した幼稚園には毎日大勢の子供と大人が通うため、玄関前の狭さが深刻な問題になっていました。

ウッドデッキと言えば、リビングから直接出られる屋外空間。が一般的ですが、例えば、玄関先のアプローチ空間に設置するのもおすすめです。
アプローチがウッドデッキになると、ちょっとワクワクします。

コツコツと鳴る音も楽しげだし、晴れた日は思わず座りたくなる。そして何よりも、空間を有効に使うことが出来ます。

施工前の様々な問題点を解決するために、とても有効な手法がこのウッドデッキのアプローチです。

続きを読む


目隠しする庭のリフォーム

フェンスと植栽の効果

横須賀市の高台にある建売住宅の庭、販売時には植栽が施され庭の骨格はある程度出来上がった状態でした。
しかし、隣地との境界にまばらに植えられたシラカシやキンモクセイなどの常緑樹とスチール製メッシュフェンスだけの庭は、少し単調で物足りない雰囲気がありました。

また、庭の背後には隣家の裏側部分が丸見えになっていて、少し雑然としているばかりか、お隣さんからの視線も気になるような状態でした。

お客様からの要望は目隠しをすること。そして、庭としての魅力を向上させること。この二点をデザインの骨格として、新たな庭づくりが始まりました。

続きを読む