デザイン

高低差のある庭をつなぐウッドデッキ桟橋

バラの回廊

周辺にはリンゴ畑や水田が広がる静かな環境。平屋建ての住宅は地元の木を使った心地の良さそうな建物です。

敷地は建物が建っている上段エリアと、元々水田があった下段エリアに分かれていて、両者には1m以上の高低差があります。
この高低差をどうするか、また2つのエリアをどう繋ぐかが大きなテーマになりました。

また、通路や駐車スペースなどの地面がかなりの面積になるため、仕上げや防草処理の方法などは、コストと使い勝手の両面に主眼をおいて検討していきました。

続きを読む


広大な畑を乗馬クラブに[前編]

ドイツの乗馬クラブ

乗馬に縁のない人にはとても遠い存在だと思いますが、調べてみると日本国内にも乗馬クラブが多く存在している事が分かります。東京五輪に向けて、更に乗馬人口が増えていくようです。

私自身、乗馬には全く縁が無く、間近に馬を見たこともなかったのですが、ある方(乗馬学校校長のNさん)との出会いをきっかけに、千葉県西部のある場所(元は大きな畑だった)で乗馬クラブの立ち上げに関わることになりました。

広大な農地に施設を作るためには数々の障害や手続き、準備が必要です。それより何より、乗馬クラブってどんなところで、どんな設備が必要なのか。ゼロから頭に入れていく事が必要でした。もちろん、Nさんはその道のプロフェッショナルですので、頻繁に打ち合わせを行い、時にはお酒を飲みながら施設の将来像を語り合ったりしました。

続きを読む


小さなウッドデッキやベンチ、買うか作るか。

一坪縁台製作中

庭に置く小さなウッドデッキや縁台、濡れ縁、ベンチなどは、ホームセンターでも手軽に手に入るのですが、大きさや素材を選ぶことは出来ません。多少小さかったり、高さが低かったりしても、そこは諦めるしかありません。

また、購入後は自分で車に積んで持ち帰るので、軽量化と省スペース化が必須です。その為か、かなり華奢に出来てるものも多く見られます。

アトリエタムロで制作するものは、当然の事ながら自由に大きさや高さを設定出来ます。材料や塗色も選べて、なおかつ、相当に頑丈です。

サイズの合ったものは、見た目も使い勝手も数段良くなります。長く使うものだからこそ、最初は少しの手間を掛けたいものです。

続きを読む


2通りのウッドデッキの材料、どっちがいいのか

セランガンバツのデッキ
ざっくりと2通りと言ってみましたが、もちろん、ウッドデッキの材料は多種多様。
でも、ここでは、アトリエタムロが基本的に採用している2通りの材料に絞って考えてみます。
では、なぜ2通りだけなのか。
これは、コストや耐久性、メンテナンス性に素材感など、いろいろな要素を比較した結果が2通りになった理由です。
この文章の最後にその事についても少し触れたいと思います。
ウッドデッキを設置するに当たっては、いろいろと考慮したい要素があります。
「ウッドデッキをつくる前に知っておいたほうが良い2つのポイント」でも書いていますが、今回はデッキの材料についてのお話しです。

続きを読む


広大な自然に囲まれた南信州の庭[施工編]

アプローチ空間

大きな敷地で庭づくりを行う場合、段階的に時間を掛けて施工をするケースが多くあります。一番はコストの問題が大きいですが、一気に作らずに少しずつ計画的に作り上げていくことに大きなメリットがあります。

今回は庭に対するたくさんの希望や夢の中から、優先順位を決めて、それに基づいて第一期工事を開始しました。
商業施設などでは未完成部分が存在する段階的な施工は困難ですが、個人の住宅の場合は大きな問題は無いと考えます。
ただし、施工順序や将来的なプランを考慮しないと、次回以降の施工が難しくなったり、コストアップにつながる事があります。

続きを読む