ホームセンターでは買えない、オリジナル表札

コルテン鋼の表札
門柱や玄関に取り付ける表札。ほとんどの場合、メーカーのカタログから選んだり、ホームセンターの表札コーナーで注文するのだと思います。
デザインや素材が豊富で、価格もそこそこ。恐らく、平均点に近い表札が出来上がる事でしょう。
でも、そこをあえて違うものを選ぶ。
既製品以外だと、自分で作るか、オリジナルデザインのものをオーダーするかになると思いますが、自分で作るのもおすすめです。
それこそ、世の中に一つだけの表札。
ちなみに我が家の表札は子供の作品ですが、鉄板から文字をバーナーで切り出し、塗装した鉄板に文字を溶接して取り付けた力作です。
とは言っても、自作の表札はとても素敵ですが、現実的にはなかなか難しいものです。
残るはオリジナルデザインの表札。
アトリエタムロでは、金属製表札のデザインから制作、設置まで行っておりますが、多くのお客様に喜んで頂いております。

続きを読む


駐車場も庭のように使い、小さな庭を大きく見せる

駐車スペースとアプローチ

横浜市内の高台にある静かな住宅地。道路に面する間口に比べて、奥行きが深く細長い敷地。ここに親子3人が暮らす木造の2階建て住宅を計画から、駐車スペースや庭の施工までを全てお任せ頂きました。造園屋が、敷地が全くの更地の状態から庭づくりまで関われるということは、それほど多くありません。

訪れる度に熟成していく庭。いつまでも木の香りが心地よい家。

時間の経過とともに陳腐化するのではなく、どんどん馴染んでいくこと。これが庭や建築の本来あるべき姿なのだと思います。

続きを読む


庭の雑草対策は、結局何がいいのか

庭の雑草

庭が広いのは良いけど、毎年春から秋まで雑草との戦いが続くと思うと、もう嫌になってしまう。多かれ少なかれ、どなたでも感じることだと思います。

雑草との戦いも人によって様々です。地道にコツコツと除草作業を続ける人、我慢の限界まで放置して一気に片付ける人、除草剤を満遍なく振りかける人。どの方法もあまり楽しい作業ではありません。出来ればやりたくない。

では、雑草との戦いを楽にするにはどうすれば良いのか。その方法は限られていて、大きく3パターン。

完全に生えなくするか。

生えにくくするか。

抜きやすくするか。

この中の方法を場所ごとに選び、組み合わせる事が、結果として一番最善の策だと思っています。

アトリエタムロでは、それぞれの庭の状態やご要望を踏まえた雑草対策をご提案しています。小さな面積でも、荒れてしまった状態でもお気軽にご相談ください。

続きを読む


玄関先をウッドデッキに

ウッドデッキ施工前のアプローチ空間は、タイル張りのポーチと少し勾配のある通路で、通路の幅は90cm弱と狭く、杖を使って歩く高齢のご主人には少々歩きにくい場所でした。

また、住宅に付随した幼稚園には毎日大勢の子供と大人が通うため、玄関前の狭さが深刻な問題になっていました。

ウッドデッキと言えば、リビングから直接出られる屋外空間。が一般的ですが、例えば、玄関先のアプローチ空間に設置するのもおすすめです。
アプローチがウッドデッキになると、ちょっとワクワクします。

コツコツと鳴る音も楽しげだし、晴れた日は思わず座りたくなる。そして何よりも、空間を有効に使うことが出来ます。

施工前の様々な問題点を解決するために、とても有効な手法がこのウッドデッキのアプローチです。

続きを読む


目隠しする庭のリフォーム

フェンスと植栽の効果

横須賀市の高台にある建売住宅の庭、販売時には植栽が施され庭の骨格はある程度出来上がった状態でした。
しかし、隣地との境界にまばらに植えられたシラカシやキンモクセイなどの常緑樹とスチール製メッシュフェンスだけの庭は、少し単調で物足りない雰囲気がありました。

また、庭の背後には隣家の裏側部分が丸見えになっていて、少し雑然としているばかりか、お隣さんからの視線も気になるような状態でした。

お客様からの要望は目隠しをすること。そして、庭としての魅力を向上させること。この二点をデザインの骨格として、新たな庭づくりが始まりました。

続きを読む