誰かが見てるような。

  • 2015.08.24

お風呂にも現れるんです。 こいつが。 ↑ すっかり色も変わっちゃったアマガエル。 月が見えたり、星が見えたりすると、 真っ暗なお風呂で、網戸も全開。 半露天風呂気分を楽しむのですが。 気づくと、こいつがやってくる。 ↑ デカいヒキガエルとかだと嫌だけど。 ま、気づいてないだけで、 夜中には、いろんな動物が庭を歩いてるんだろな。 トウモロコシも食べられたし。 ところで、今日は小豆島の移住の話を テレ […]

村の木で家をつくりたい。

  • 2015.08.23

どうせ家を建てるなら、 自分の身の回りにある森で育った 木を使いたいって思う人は ずいぶん増えてるはず。 首都圏じゃ難しいけど、森林県の 長野あたりだったら。 ↑ 我が村、村域の9割近くが森林。 なので、村の財産であるスギやヒノキやカラマツを 多くの人を投入して山から下ろして、 使える材料にするべきじゃないですか。 たくさんの仕事が生まれるし、 村の活性化にも直結します。 と、先日、某県の森林組合 […]

農家じゃないっすよ。

  • 2015.08.22

蕎麦、蒔かないといけないので。 久々に、借りているマシンを出し、 エンジンかける。 ハンドルをクルクル回して。 なかなかかからん。 クルクルクルクル。 頑張って、ようやくブロロローンって ディーゼルエンジン始動。 ↑ あー、機械って素晴らしい。 今まで、クワでやってた作業。 この青いマシンなら時間短縮。 土フカフカ。ちょっと重いけど、 大活躍です。 ↑ 傾斜地だから、結構大変なのです。 すごい、い […]

目覚めたら北海道、な感じ。

  • 2015.08.21

一人で夜行列車に乗ったのは 小学校5年生の時。 上野から北に向かう列車にたった一人で。 あの頃は、上野駅から出発する夜行列車が たくさんあって、しかも、どの列車も 満席状態。 車内、東北訛り全開モード。 知らないおじさん達と、朝までいっしょ。 出稼ぎで東京に来てたおじさん。 訛りがすごくて、あまり聞き取れなかったけど、 重機に乗ってるって言ってたっけ。 二回目の夜行列車は次の年。 小学校6年生。 […]

何だろ、このさみしさは。

  • 2015.08.20

横須賀高校(市立)、何となくgooglemapで見てみたら 真っさらになってた。 で、「よこすか森崎山の手リアンシティ」だって。 ↑ 我が母校。こんなお姿に。 ま、仕方ないのはわかってます。 使わない市有地が、住宅地になるのも。 でも、ま、やっぱり寂しさは。 せめて、徐々に熟成されて、気持ちのよい住宅地になれば。 そのうちに、お庭の営業に出掛けなきゃ。 そしてもうひとつ。 こっちのほうが悲しいので […]

1 100 103